相手チームのアタックをブロックで食い止めることが、勝敗に関わってきます。

バレーボールのブロック

バレーボールの強いチームは、ブロックの強いチームと言ってよいほどブロックは重要なポイントとなります。

 

攻撃のアタックを、ブロックでいかに食い止めるかで、勝敗が左右されます。

 

また、ブロックがあるために、クイック攻撃などの変化が必要となり、ゲーム自体が面白くなり
バレーボールを面白くプレーしたり、見ていて面白くしているのがブロックであると言っても過言ではありません。

 

 

ブロックのコツ

6人制バレーボールにおいては、ブロックにオーバーネットはありません。
ボールが当たったのは、1回にカウントされないルールがあります。

⇒9人制バレーボールのルールはこちら

 

一番大切なことは、タイミングです。
このタイミングは、アタックする側のタイミング等が様々なので、相手のタイミングを読んで、自分でつかまなくてはいけません。

 

ブロックに対抗するクイック攻撃などで、ブロックのタイミングを外すことも考えられますが、
あきらめずに、何度も食い止めようとするようにしましょう。

 

相手のチームに、心理的なプレッシャーをかけることも大切です。
高さが十分でない場合でも、飛んでブロックする姿勢をとる事は大切です。
センターのプレーヤーは、とにかく食いついていくような態度で取り組むようにしましょう。

 

ボールが少しでもブロックに当たると、アタックのボールの力も弱まり
レシーブもしやすく、相手側にも心理的なショックを与えるため、ゲームが優勢になるきっかけにもなります。

 

 

ブロックのしかた、練習方法

ブロックの中心は、前衛のセンターが中心となります。

 

手の形は、開いて、手の指に力を入れて、壁を作るという感覚です。
出来るだけ大きく広くするために、手を広げるようにしておきます。

 

ブロックをするために、まずジャンプ力を付ける練習をすることは大切です。
ある程度の高さがあると、上から打ち込むアタックができないからです。

 

タイミングをつかむ練習方法として、ネットがない場合でも、2人ひと組で向き合って、ブロックするようにジャンプして相手の手を押すという練習方法があります。
その場でジャンプして相手の手をハイタッチのようにたたくというものです。

 

この練習は、移動して行うということも可能です。
左右にネットがあると考えて移動して行います。

 

アタックする人と、ブロックする人の役割を決め、アタックする方は手にタッチされないように
ブロックする方は手に当てるようにするという練習です。

 

次は実際にボールをブロックする感覚に慣れるため、ブロックをしている手にむかって
ボールを投げボールが当たった瞬間に手の指に力を入れる練習をします。

 

指の力が抜けているところに、強烈なスパイクが当たると、突き指になる可能性もあり
怪我の防止もかねて、指に力を入れる練習をします。

 

前衛の移動はサイドステップや、クロスステップでの素早い移動となりますので
その移動が速やかにどきるように足の動きを慣れておくような練習も大切です。