バレーボールのサーブにはいくつかの種類があり、難易度によっていろいろあります。

バレーボールのサーブの種類

バレーボールのサーブにはいくつかの種類があります。

 

練習を積んで、難易度の高いサーブを打つことができるようになると、サーブで得点につながる事も可能となります。

 

アンダーハンドサーブ

ボールを下からうつ、最も相手のコートに入りやすいサーブです。
得点につながるというサーブではありません。

 

天井サーブ

天井近くまでボールを打ち上げるサーブでアンダーハンドサーブの応用的なサーブですが、フローターサーブでも打つことができます。
滞空時間が長くなるために、相手のレシーバーのタイミングを狂わすことが可能となります。

 

ルールが改正されて、レシーブをオーバーハンドでとってよくなり、サーブカットはダブルドリブルがないことからあまり行われなくなりましたが、レシーブの下手な相手や、バレーボールは勢いに乗り、リズムが出てくるとあっという間に点がどんどんはいることがありますので、勢いに乗っている相手のリズムを崩すきっかけを作ることは可能です。

 

フローターサーブ

一般的に良く行われている、スパイクを打つような形でボールの中心を打つことを基本とするサーブです。
スパイクのようにはジャンプをしません。
アンダーハンドに比べるとコントロールがつけやすく微妙に打点をずらすことで、変化を付けたボールを送り込むことが可能となります。

 

肩の強さが必要なサーブです。
肩の力のある選手が良くやりがちなミスは、サービスエースを意識しすぎて力を入れ過ぎてサーブが入らないということが起こることです。
確実に入るサーブをめざし、ネットに引っかからないような練習をするようにしましょう。

 

サイドハンドサーブ

体をコートに対して、横向して、トスを上げたボールを肩を回して後ろから体重を乗せた感じで円を描きひじを曲げずにスイングして打ちます。
ボールに体重を乗せることが可能なサーブで、比較的力のない人でも、強いボールを打つことができます

 

ジャンプサーブ

ジャンプして、アタックするようにしてサーブを打つ難易度の高いサーブです。
確実に決まるようになれば、得点にもつながるサーブです。
練習を重ねて確実に入るようにするように体でタイミングを覚える必要があります。
ジャンプサーブには、ドライブ系の回転を付けるものと、無回転の2種類がありドライブ系は強力な破壊力があるため、レシーブが難しいサーブでもあります。

 

無回転サーブ

無回転サーブはボールが思いもよらぬ方向に変化していわゆる、魔球と呼ばれるようなサーブです。
サーブが上達したら、取り入れたいサーブで、テレビの試合などでは良みられるサーブで力を抜いた感じで打つサーブなので、とるのも簡単そうに見えますが実はレシーブのしにくいサーブで、得点につながるサーブです。

 

無回転サーブはボールの芯で打つということが大事です。
ボールが手に当たった瞬間止めるような感じです。
感覚をつかむには、練習で何度もうってみて、感覚をつかむようにしましょう。
このサーブが打てるようになると、ピンチサーバーなどで活躍できるチャンスもあります。