アタックが上手になるための練習方法です。

アタックの練習方法

アタッカーは、相手にラリーをさせないようなボールを相手のコートに叩き込み、直接得点を上げる役目です。バレーボールはアタックで攻撃します。

 

チームメイトが繋いでくれたボールを最終的に相手チームのコートに返す時に、アタッカーの攻撃力によって、ボールを繋いだ努力が活かされもし、無駄にもなってしまいます。

 

的確なボールが打てるよう、しっかり練習しましょう。

 

練習

 

初めての練習の時は、ボールを使わず、助走だけの練習をしてみましょう。

 

アタックをする時のジャンプの為の体制を整えるには、助走が大事です。
タッタッタタッという感じで、助走の3歩目をかかとから大きく出し、4歩目で両足体重にしてジャンプします。

 

着地は必ず両足でし、つま先から降り、膝を曲げます。
踵から着地したり、膝を伸ばしたまま着地したりすると、足首やひざを痛めてしまいますから気をつけましょう。

 

そして助走の、3,4歩目で、腕を後ろに振り上げます。
ジャンプする位置も重要です。
遠すぎると、ボールがネットに引っかかってしまうことがあり、近寄り過ぎると、身体がネットにぶつかってしまうからです。

 

 

次にボールをとらえる練習をします。

 

始めて練習する時には、助走と組み合わせず、ボールを打つ練習をしましょう。

 

まず、ボールは体の斜め上で捕えるようにします。
ボールをとらえる位置が後ろ過ぎても、前過ぎても、たたきつける力が弱まってしまい、攻撃力が上がらないので、的確な位置でボールを捕えられるよう練習しましょう。

 

また、ボールが手に当たるまでは、指を限界まで伸ばし、ボールに触れた瞬間、少し指の関節を緩めて、ボールをつかむようにして、目的の場所にたたきつけましょう。

 

この時、手のひらにボールの正面があたるようにし、手首のスナップをきかせることが重要です。

 

 

ボールを打つのに慣れてきたら、助走と組み合わせて練習します。

 

ボールは、5メートル程度先を狙って打ちます。
助走→ジャンプ→アタックの連係動作に慣れてきたら、ネットの前で練習しましょう。