アタックはバレーボールの攻撃方法です。

バレーボールはアタックで攻撃する

トスされたボールを相手チームのコートにジャンプして打ち込むのがアタックです。
アタックはスパイクとも呼ばれます。

 

 

アタックには、大きくわけて3フォームあり、熟練度や自分の筋力や体型、チームの状況に合わせて、最も攻撃力を出せるタイプを選びます。

 

ストレートアーム
というフォーム

多くのアタッカーが初めて身に付けるフォームで、
まっすぐに振り上げた腕を、まっすぐに振り下ろしてボールをたたきつける攻撃方法です。

 

このフォームは、腕を振り下ろすスピードが出にくい為、たたきつけるボールに威力が出ないことが多いのですが、選手によっては、絶妙な身体の使い方をしてストレートアームで攻撃力をあげ、得点に結びつけている選手もいます。

 

ボウアンドスロー
というフォーム

腕を体の前から振り上げた後、ひじを後ろに引いてボールをとらえる方法のフォームです。
このフォームは、弓を引く動作に似ていることから、弓と矢 ボウアンドアローと名付けられています。

 

肘を後ろに引くことで、上半身にねじりが加わり、ボールの威力が増しますが、腕をあげてから肘を後ろに引くので、効率が悪くなってしまう場合もあります。

サーキュラーアーム
というフォーム

利き腕のひじの力を抜いた状態で体の後方、肩の高さにひき、反対の腕は上に伸ばし、次に反対の腕を後ろに引きながら、利き腕で体の斜め上でボールを捕らえるという方法です。

 

腕の振りと状態のねじりを利用して、身体全体の力をボールにかけることで強い攻撃力を出せるフォームです。
どのフォームも、選手の体の条件や、練習方法によって、攻撃力が上がることもあるし、下がることもあります。

 

 

アタックの練習

 

また、同じ選手でも、チームの状況や、身体の変化で同じフォームを続けていても攻撃力が上がったり下がったりすることもあります。
常にフォームを研究して、怪我をせず、高い攻撃力の出せるフォームを身に付けられるようにしましょう。