レシーブを確実にすることでボールを繋げます。

レシーブの基本的なボールの繋ぎかた

レシーブは相手チームが打ち込んできたボールを拾います。
その後トスしてアタッカーに繋げるので大事な役割です。

 

レシーブで、アンダーハンドパスと呼ばれ、両手を重ねて、低い位置でボールを繋げる方法です。

 

両手の重ね方は、
片方の手の平の上に、もう片方の手の甲を重ね、親指を合わせる方法と、
両手の4本の指を組んで、親指を合わせる方法があります。

 

 

レシーブの練習

組む方法は指を組むのに時間がかかりますが、両手が離れにくいメリットがあり、重ねる方法はすぐに体制を整えることができるというメリットがありますが、手が離れやすいというデメリットもありますので、練習を重ねて、自分に合った方法を見つけることが必要です。

 

 

また、手と指を組んだ分、手首から肘までが内向きになってしまい、ボールが受けにくいので、腕を外側にひねりひじを伸ばします。
脚は、肩幅に開き、少し膝を曲げて下半身が安定する状態にしておき、手首から肘の間で平らな面でボールを受けます。

 

 

アンダーハンドパスをする際に、確実にボールを受けるためには、あごを引いた状態になるよう、少し前傾姿勢をとる必要があります。
その為には、足裏の重心がつま先側に多くかかっていること、猫背にならないことが大事です。

 

 

アンダーハンドパスを上達させるためには、ボールに慣れることですので、ボールを高く上にあげる練習を繰り返して、ボールを受ける感覚を身に付けるとともに、ドームを定着させましょう。

 

 

 

練習は、一人でもできますし、2人で組みになり、パスを繋げることもできます。

 

ボールを受ける感覚が身についてきたら、2人で組み、相手の人に、いろいろな方向にボールを投げてもらい、移動してボールを受ける練習をしましょう。

 

始めからパスできなくてもかまいません。
始めのうちは移動して、とにかくボールをとらえるようにし、慣れてきたら、アンダーハンドパスでボールを受けるようにしましょう。