トスを確実にすることでアタックができます。

トスの基本的な繋ぎかた

トスは、アタッカーがボールを相手のコートにアタックできるように、ボールを上にあげることですが、オーバーハンドパスという方法で行います。

 

 

トスの練習

顔の前に、親指が額の上の位置になるまで腕をあげて、ひじを曲げてひじから人差し指までのラインで三角形を作り、指は広げて、親指と人差し指をつけて、指も何角形のラインを作ります。

 

 

大きい三角形の底辺は、ひじと肘の間の距離、小さい三角形の底辺は両手の親指です。
ボールを的確にコントロールする為には、ひじが開きすぎないよう、軽く内側に絞ります。

 

 

ボールを受ける時には、ボールを額のそばで受けるためにひじを曲げ、指の力を抜いて受けてから、手首を少し後ろに倒し、指先に力を入れてボールをあげます。

 

 

この時、ひじの動きを連動させることが大事で、手首を後ろに倒す時には、ひじを少し絞り、指でボールをあげる時に、ひじを開かないように注意して伸ばすのがコツです。

 

 

 

ボールは、回転させると、アタッカーがアタックをしにくいので、回転させないよう気をつけましょう。
トスはできるだけ高く、長くあげると、アタッカーが、攻撃の種類を選べますが、短いトスだと、打ち込み方の選択肢がなくなるので、相手チームにどこに打ち込むかを読まれてしまいます。

 

 

相手チームにとっては、短いトスであれば、守備の範囲が狭まるので、楽なアタックということになり、ブロックされやすくなってしまうのです。
トスの距離をできるだけ長くできるよう、フォームを研究し、手首と肘の調整を加減する必要があります。

 

 

その為には、受ける時にはボールの勢いを受け流すようにし、次に肘と手首を使ってあげるというコンビネーションンを身に付けることが大事です。
ボールを真上にできるだけ高く上げる練習を繰り返しましょう。

 

また、ボールを受けた時に、あげる方向を調整する為に、長くボールに触っていると、ホールデイングという反則になってしまうので気をつけましょう。