ウォーミングアップで軽くジョギングをするなどで体温をあげ、ストレッチングで、関節を柔軟にします。

バレーボールのウォーミングアップについて

どんなスポーツをするにかかわらず、練習をする前のウォーミングアップはとても重要です。

 

ウォーミングアップをする理由とはどのようなもので、具体的にどのようにすることが良いのでしょうか。

 

 

ウォーミングアップをする理由

スポーツの練習や、学校での体育の時間で必ず行うウォーミングアップには重要な意味があります。

 

この重要な点を理解し、いいかげんにしないように心がけましょう。

 

ウォーミングアップをする理由は

 

体を温める

体が温まることで、筋力もアップし、パフォーマンスが変わってきます。
ある程度体を動かすことで、細胞も活発になります。

関節を柔軟にする

関節を柔らかくすることで、けがの防止効果があります。
バレーボールなど、ジャンプすることが多い競技では、着地のときに足首をぐねるというようなことが起こりがちです。
動きをよりスムーズに、俊敏にするには、関節がとても重要になります。
多くのスポーツで、体全体をばねのように使うことが多くあり、関節の柔軟性が重要となります。

神経作用の向上効果

体があたたまり、細胞の働きも活発になることと同時に、神経作用も活発となります。
神経の伝達が素早く行うことで反射神経が研ぎ澄まされ、瞬時にボールを追う事が可能となります。
バレーボールの様なスポーツには、反射神経がとても重要となります。

心身ともにリラックスする

練習前に、体を動かすことで緊張をほぐし、リラックスする効果があります。
これから練習や、試合に臨む場合などの、心の準備もをすることができます。

体調の良し悪しの判断をする

バレーボールの様な、衝突事故などが起こりにくスポーツでの事故は
疲労が原因であることがよくあります。自分では意識していなくても
軽く体を動かすことで、体調が悪いかどうかが表れます。この時点で体調がすぐれないと判断した場合は、練習は休んだ方が良いでしょう。

 

 

ウォーミングアップの方法

ウォーミングアップの強度は、喋りながらでもなんとかできる程度の運動で
体温や、筋肉が温まり汗をかく程度にする必要があり
10分以上の時間をウォーミングアップに使う必要があります。

 

良く行われる方法は、コートの周りをサイドステップなどの動きを取り入れて軽くジョギングするというウォーミングアップです。
縄跳びなどもとくに、前衛でスパイクや、ブロックをする選手などには有効です。

 

ストレッチングは、関節を柔軟にする効果があり、怪我の防止には必要です。

 

過度にするとパフォーマンスが落ちると言われていますが
筋肉もしっかり伸びた感覚がある程度にする必要があります。

 

バリスティックストレッチは、反動をつけて行うストレッチで動きながら行うストレッチで
スポーツのウォーミングアップに良く行われています。

 

ラジオ体操の様なものですが、けがの原因になることがあるために、注意が必要です。
ストレッチは一人でもできますが、パートナーと行うこともできます。

 

また運動後のクールダウンも重要で
急に運動をやめるようなことがないようにし激しい運動の後は、軽いジョギングやウォーキングで
クールダウンをすることで、翌日に疲労感がのこあるかどうかの違いが出ます。